2020年2月14日(金)

16

アルコール臭だけじゃない! 飲み過ぎ食べ過ぎが招く体臭や汗のにおいとは

ガリ次郎:新年会とか飲み会が続いたから、お酒のにおいや体臭が気になってはいたけど、新年会のシーズンが落ち着いた今でもにおう気がするんだメェ…。

ジミーくん:お酒を飲んでない時でもにおっているなら、アルコール以外にも原因がありそうだね。

ガリ次郎:なんだか胃も痛い…。

ジミーくん:心配だなぁ、大丈夫?? 飲み過ぎ食べ過ぎで発生するにおいについて詳しく見ていこう。

(この記事の担当:ガリ次郎×ジミーくん)

    飲み過ぎ食べ過ぎが引き起こすにおいの原因

    アルコールの分解過程で発生するにおい成分

    アルコールを摂取すると、最初は胃や腸で吸収され、その後に肝臓で分解されるんだ。肝臓ではアセトアルデヒドという有害物質になり、むちゃな飲み方をしてしまうと、解毒機能が追いつかず、汗や皮膚、口臭から、腐った柿のような甘ったるいにおいを発生させてしまうよ。これがお酒くささの原因だメェ。

    肝機能の低下

    アルコールの分解や有害物質の解毒を行う肝臓は、連日連夜飲酒が続くと、肝機能の低下を招いてしまうことがあるんだ。
    お酒を飲んでいない時でも、肝臓の働きが弱った状態では、におい成分のろ過が追いつかず、汗からもツーンとしたアンモニア臭や脂のようなにおいが漂う原因に。その上、カビ臭い口臭が発生してしまうこともあるみたいだから、注意が必要だね。

    胃腸の疲れ

    胃腸が弱ってくると、口臭や汗がにおってしまうなど、体臭がきつくなることがあるみたい。胃腸が消化不良を起こしている状態では、食べたものが異常発酵して、卵が腐ったようなにおいや酸っぱいにおいなどが口臭に現れることもあるんだメェ。

    発汗量が増える

    体内にアルコールが入ると、体温を上げて発汗させる働きがあり、飲酒後は特に急激に汗をかくので、におい成分をいつも以上に発生させてしまうんだ。
    ストレスを抱えていたり、疲れや加齢でホルモンバランスが乱れていたり、または太りぎみの人なども、においの原因になる汗を大量にかきやすい傾向があるよ。

    唾液の減少

    お酒を飲み過ぎたり、暴飲暴食で自律神経や栄養バランスが崩れたりすると、口内が乾燥しやすくなって、口臭が強くなることがあるんだ。特に新年会などでアルコールを大量に摂取した時は、思っている以上に体内の水分が失われて、脱水症状が起きることで、普段より口臭が発生しやすくなるよ。

    飲み会シーズンじゃなくてもドライマウスぎみなら、ストレスや疲労がたまっていることや、喫煙、食事の際によくかまない・早食いなどといった日頃の生活習慣が原因の場合もあるんだメェ。

    飲み会続きでもにおわせない対策

    仕事も忙しく、新年会から飲み会続きで、なかなかにおい対策もままならない人は、いくつか無理なく気をつけるだけで、次の日ににおいを残さず、スメハラ防止ができる方法があるから、チェックしてみよう。

    口内の乾燥を防いで水分補給

    お酒や暴飲暴食などで唾液が減って口が渇いてしまうことで、口臭が発生しないように、日頃から口内を乾燥させないことが大切だよ。疲れた胃腸を労わるためにも、体内の水分不足を解消するためにも、常温の水や白湯を小まめに飲む習慣をつけようね。

    飲む水の温度も大事で、喉が渇くと冷たいものを飲みがちだけど、胃腸への負担を考えると、冷水は避けた方がいいんだ。それに体の水分を吸収する小腸は、体温に近い温度じゃないと、吸収に時間がかかってしまうので、すばやく渇きを癒したければ、冷たすぎない水を飲むのが効果的
    特にお酒を飲んだ後や飲み会の翌日は喉が渇きやすいので、脱水症状を起こさないように対策をしておこう。まず、お酒を飲む前に1杯の水を補給。飲んでいる最中も、二日酔い防止のためにも、お酒の隣にお水を用意しておいて交互に摂取するメェ。夜寝る前や翌朝にも水分補給を十分に行って、におわせないように気をつけよう。

    シャワーを浴びる

    皮膚にお酒のにおいが蓄積されているので、寝る前にきちんとシャワーを浴びようね。もし時間があるようだったら、汗をかくことも大事だから、酔いがさめた後に半身浴をするとすっきりするよ。
    起きてからもにおいを残さないために、朝もシャワーを浴びて皮膚や汗のにおいを洗い流すことがにおわせない方法だメェ。

    リンゴやトマトを摂取

    リンゴやトマトは飲み過ぎた時に摂取したい食べ物。リンゴはアルコールの分解を助けてくれ、胃腸の調子を改善し、お酒くささ解消にも効果的なんだ。リンゴに含まれるポリフェノールが口臭などのにおいを防いでくれるので、お酒の後や朝出掛ける前にリンゴを食べるといいよ。

    トマトはアルコール分解を早め、体内の水分の流れをスムーズにして、二日酔いやむくみを和らげる効果があると言われているメェ。さらには胃腸の疲れも鎮めてくれるので、トマトの入ったお酒やおつまみを摂取して、お酒で不足しがちなビタミンも補いながら、口臭対策に役立てよう。

    日頃からストレスや疲れをためない

    アルコールの過剰摂取や暴飲暴食になりがちな飲み会のシーズンはもちろん、日頃からにおわせないように気をつけておくことが大事だメェ。
    できるだけストレスや疲れをためず、規則正しい生活と運動を心がけるようにしよう。

    それでも体臭や汗のにおいに悩んでいる方は、汗をおさえる治療がいろいろあるのを知っていますか?医療機関に一度相談してみるのも、一つの方法です。

    (ライター:麻中 蓬)

    医療機関でできる汗対策をまとめたページはこちら