2020年7月10日(金)

6

夏の汗ジミはオシャレの大敵!ワキ汗を目立たなくするファッションと対策

ジミーくん:グレーのTシャツが好きだから着たいけど、汗ジミが目立つから夏場は避けてるんだメェ。

きみ子:私は洋服のワキ部分に黄ばみができやすいから、何か対策があれば知りたいな。

ジミーくん:ワキ汗を気にせずオシャレできるように、汗の季節でも着こなせるファッションのポイントを調べてみようよ!

(この記事の担当:ジミーくん×きみ子)

    ワキ汗や汗ジミが気になる薄着の季節

    いよいよ夏本番。薄着の季節がやってきて、電車やバスのつり革をつかもうとふと腕を上げた時、ワキ汗が気になるって人も多いはず。

    汗をかくのはしょうがないし、体温調節に必要なことだって分かっているけど、汗ジミやワキ汗は夏のオシャレには大敵。夏だってオシャレは自由に楽しみたいよね。

    ワキ汗対策をしながらも、好きな服装で汗ジミが気にならなくなるファッションを取り入れていきたいメェ。

    汗の季節にワキ汗が目立たないファッションのポイント

    ①ワキ汗が目立ちにくい色や柄

    ワキ汗が目立ちにくい色と言われているのが、黒や白、紺などの濃いめの色や、ボーダーやチェックなどの柄物。汗をかいて濡れても、濃い色なので服の色変わりが目立ちにくいみたい。

    反対に目立ちやすい色が、どんな季節でも合わせやすい色であるグレーやベージュ、水色など、明るめの色。どうしてもグレーを着たい場合は、無地ではなく、グレーと白のボーダーを選ぶと良いかも。

     

    白も汗ジミは目立たないけど、ワキ汗がついたままだと黄ばみやすいので、汗がついたら早めに洗うようにしよう!

    ②汗ジミになりにくい素材

    ワキ汗が気になって敬遠しがちではあるけど、夏はさわやかな明るめの色合いの服装を取り入れたいメェ。

    汗ジミになりにくい素材を選べば、グレーやベージュ、水色でも単色で好きな色の服が着られるかも。吸水性が高く、汗ジミが分かりやすい綿素材ではなく、速乾性が高いポリエステルや、通気性の高いメッシュ素材を選ぶのが最適。

    汗をかいてもすぐ乾く素材であれば、涼しげな明るめの色も、ワキ汗を気にせず着られるからおすすめだメェ。

    ③ワキ汗が目立たない形やデザイン

    色や柄、素材を上手に選べば、汗ジミが目立ちにくくなるのは分かったけど、形やデザインにも気をつければ、グレーのTシャツをそのまま着られるかも。

    体にフィットしたタイトなデザインは、汗ジミが目立ってしまうので、できるだけ密着せず、ゆったりしたシルエットのものであれば、目立ちにくくなるメェ。袖やワキにゆとりのあるアイテムなら、通気性もよくなり、涼しく着られて、汗そのものもかきにくくなりそうだから、快適に過ごせそうだね。

    汗ジミを防いでオシャレを楽しむ!ワキ汗対策

    ①汗ジミが響かないインナー選び

    どんなに暑くても洋服は素肌に着るのではなく、汗っかきならなおさら、汗ジミを防止できるインナーを着ることが大切。

    汗ジミをガードできるパットや、吸汗・速乾性のある素材を使ったインナーを着ると、汗を吸ってくれるので、アウターに汗ジミが響かず、安心してオシャレを楽しむことができるよ。

    服の色、素材、形、そして汗ジミがガードできるインナーを着用して、汗の季節も上手にファッションを楽しもう。

    ②1枚で着る以外は重ね着を想定して

    ワキ汗や汗ジミが気になって、好みのコーディネートができないのは、せっかくのオシャレも台無しだよね。そんな時は、重ね着してみてはどうかメェ?重ね着なら、汗がアウターに染みてこなければ、好きな色や柄、デザインを選んでもOK。

    汗の季節には誰でも汗ジミの心配はあるもの。いざとなったら薄いカーディガンやストール、着替えのインナーで、上手に汗ジミを隠してしまおう。

    ワキ汗を気にせずにオシャレを楽しむためにも、汗拭きシートと羽織ものを持ち歩けば冷房対策にもなるし、夏場も安心だメェ。

     

    洋服でワキ汗対策、いかがでしたか。それでも気になるという方は、ワキ汗やにおいをおさえる治療がいろいろあるのを知っていますか?医療機関に相談してみるのも、一つの方法です。

    (ライター:麻中 蓬)

    まずは気になるワキ汗レベルをチェック!⇒セルフチェック

    ワキ汗への対処法をまとめたページはこちら⇒ワキ汗の対処法