2020年10月9日(金)

2

汗っかきでもファッションを楽しみたい!秋に最適なインナー選びとお手入れ方法

ジミーくん:今年の秋冬トレンドはコーデュロイとレザー素材!早速トレンドを取り入れてオシャレにきめたいけど、汗っかきとしては毎年この時期に、汗のにおいや汗ジミに悩まされるんだメェ…。

ドキ美ちゃん:わかる!夏より汗のにおいが強くなるっていうのも悩みの種だよメェ。

ジミーくん:汗をできるだけアウターに響かせず、ファッションを楽しめる秘策はないのかなあ。

ドキ美ちゃん:汗を響かせないためにはインナー選びが重要みたい!秋に最適なインナーの選び方と、汗をかいて汚してしまったときのための、今年のトレンド素材のお手入れについて見てみよう。

(この記事の担当:ジミーくん×ドキ美ちゃん)

    今年の秋冬トレンドは?汗っかきがファッションを楽しむための予備知識

    今年の秋冬トレンドといわれている、コーデュロイとレザー素材。秋冬にぴったりな素材だけど、汗の汚れや汗ジミ、汗のにおいが移ってしまうと、なかなか厄介だメェ。汗っかきの人は、お手入れの仕方や扱い方を事前に知っておくといいかもね。

    コーデュロイは、うねのような凹凸が特徴の生地。最近はレーヨン素材の一種のビスコース100%やシルク混など滑らかなタッチのものが多いよね。タオルやベルベットと同じ、パイル織りで作られていて、うねの太さで着用シーズンが異なるよ。春先や夏の終わり頃と秋口には通気性のよい細うね、冬本番には保温性の高い太うねが最適だメェ。アウターやボトムス、帽子などさまざまなファッションアイテムに使われているね。

    レザーは本革と合皮があり、肌寒くなってきた季節に重宝するオシャレ素材。長く愛用するほど風合いが出てくるタイプが好みなら、牛や羊などの本革レザー!扱いやすさを求めるなら、数年で劣化することが多いけど、本革より合皮レザーがおすすめだよ。着心地やお手入れのしやすさで、自分に合った方を選ぶようにしよう。

    レザーもコーデュロイと同様、アウターやボトムス、靴、お財布など、幅広く使われる素材だよ。

    今年は、チェック柄やクラシックブルーもトレンドなんだって。チェックしておこう!

    汗で汚してしまったときのトレンド素材のお手入れ方法

    汗は通常、弱酸性なんだけど、秋冬の汗はベタベタしやすくて、そのままにしておくとアルカリ性の汗になることがあるよ。素材を傷め、変色させてしまう原因にもなるので、汗で汚してしまったら、できるだけ早くお手入れしようメェ。

    ①コーデュロイ素材の洗い方

    コーデュロイ素材でも、洗濯機マークや手洗いマークがついていれば、自宅で洗えるよ。ジャケットは型崩れしやすいので、家庭での洗濯が難しい場合は、クリーニングに出すようにしよう。

    コーデュロイの服を洗うときに注意したいのが、毛羽が抜けるのを防ぐため、繊維同士を擦れ合わせないことだよ。裏返さずに洗濯ネットへ入れて、おしゃれ着用の中性洗剤で洗ってね。

    脱水はダメージを避けるためにも短めに設定して、干すときには毛並みを逆立てるように手で整えてから日陰に干すんだメェ。アイロンをかける場合はマークが表示されているかも確認して、毛並みを潰さないよう、生地から1cmほど離してスチームアイロンをあてよう。

    コーデュロイのキレイなツヤが戻るので、最後に衣類用ブラシで整えてね。

    ファスナーやフロントボタンがある場合は、しっかりしめてから洗うと、型崩れが防げるよ。

    ②レザー素材の正しいお手入れのしかた

    レザー素材は特に本革であれば傷みやすいため、できるだけ汚さないことが重要。万が一汚してしまったら、革表面についた水分を乾いたタオルなどで優しく拭き取り、風通しのいい室内で自然乾燥させよう。ジャケットの場合、型崩れを防ぐために新聞紙などを中につめて乾かすと効果的だよ。

    劣化しないよう、日頃からジャケットの表面についた汗などはしっかり拭き取り、首周りや袖口を中心に、防水スプレーのような、革製品がケアできて油分の侵入を防いでくれるアイテムを使うようにしよう。

    汗ジミや汗のにおいを防ぐ秋冬に最適なインナー選び

    不要な汗をかいてアウターに響かせないためには、秋冬に最適なインナーを着用することが大切だよ。インナーの素材はたくさんあるけど、季節に合わせたインナーを着ることで快適に過ごせるんだメェ。

    秋は比較的気温が穏やかだけど、汗をかくことも、肌寒くなることもある季節。そんな秋に着るインナーは、速乾性に優れ、保温性も高い素材がおすすめ。シルクやウール、ポリエステル、キュプラが向いてるよ。

    もう少し寒くなる冬には、温かさを保持しながらも乾きやすい、コットンやシルク、ウール、ポリエステルなどの素材のインナーを着るようにしよう。

    日頃から汗や汗のにおいで悩んでいる方は、汗をおさえる治療がいろいろあるのを知っていますか?医療機関に相談してみるのも、一つの方法です。

    (ライター:麻中 蓬)

    まずは気になるワキ汗レベルをチェック!⇒セルフチェック

    ワキ汗への対処法をまとめたページはこちら⇒ワキ汗の対処法