2020年1月10日(金)

65

汗っかきには超難関!ワキ汗・汗のにおいを怖れず冬のバーゲンセールを楽しむ秘訣

きみ子:ショッピング大好き!セールも大好き!でも、汗っかきな私にとって、ショップに着くまでの人混みや、店内の混雑はなかなかハード…。ワキ汗や、汗のにおいを気にせずに楽しめないかなぁ。特に試着するときは、汗が気になって躊躇しちゃう。

オオカミさん:せっかく楽しみにしてたセールなんだし、買い物にだけ集中してお洒落を存分に楽しみたいよな。人混みの中に出かける前にできることや、試着の時に困らない方法を教えるよ。

(この記事の担当:きみ子&オオカミさん)

    人混みやセールに向かう前にできること

    室内外の寒暖差が激しい冬は、いつも以上にワキ汗をかきやすい環境だよね。ましてや人混みやセールとなれば、気付いたらワキ汗がドッと噴き出していて、汗のにおいなどの体臭がますます気になってしまうもの。楽しみにしていたセールなのに、汗っかきにとってはワキ汗や汗のにおいが気になって楽しさも半減…。気分よく洋服の買い物ができる事前対策を見てみよう。

    ①制汗剤を事前に塗る

    ワキ汗をかく前に、汗や汗のにおいなどの体臭を抑える制汗剤を塗って出かけるようにしよう。ロールオンタイプやスティックタイプのものが最適だけど、ワキ汗をかいてしまってから使うのなら、シートタイプやウォータータイプがおすすめ。塗るタイプがちょっと苦手…という人は、直接貼るシートタイプもあるので、自分に合ったものを見つけて、試してみるといいよ。

    ②重ね着に気をつける

    ワキ汗や体臭を防ぐためにも、適切な重ね着のしかたを知ることが大切だよ。
    インナーは、速乾性があり、体にフィットしたもので体温を抑え、トップスはできるだけゆったりしたものを着て、通気性良く着こなすことがポイント。脱ぎ着しやすいもので調節できるようにしておこう。寒いからと言ってたくさん着こみ過ぎるのは、温まるどころか汗で体が冷えてしまって逆効果だぞ。外に出たら寒いよ~、という人は、首元を温めることを意識して、すぐに取り外せる防寒グッズを身に着けて出かけるようにしよう。

    ③着替えを用意しておく

    ワキ汗や汗のにおいなどの体臭が気になって、おちおち試着もできないとなると、ショッピングを心から楽しめなくなってしまうよな。そんな時は、かいてしまう汗はしょうがないと割り切って、着替え用の1枚を用意するといいよ。汗だくなったインナーは脱いでしまって、さっぱりしたインナーで気持ちよく試着に集中しようぜ。

    試着時に困らない汗対策

    人混みを歩いた後は汗だくな上に、セール会場やお店はしっかり暖房も効いてるから、ますますワキ汗が止まらない…。しかも、試着室が混んできたりすると、早くしなくちゃ!と焦って、滝のような汗が…。試着時のワキ汗に困らないために、簡単にできる対策を紹介するよ。

    ①極力涼しい恰好で試着に挑む

    暑すぎるくらいの店内で、狭い試着室はなおさら暑く感じるもの。試着中に噴き出てくるワキ汗はサラリとかわしたいよな。羽織っているものはできるだけ脱いで、薄着で試着に挑もう。ワキ汗が引かず試着を躊躇してしまうのであれば、いったん涼しい場所に移動して、ワキ汗が引くのを待った方がいいかもしれないね。

    ②汗拭きシートなどでこまめにケア

    ワキ汗や汗のにおいなどの体臭を試着した服につけてしまわないように、汗拭きシートなどでこまめにケアすることを心がけよう。最近ではお店で制汗グッズを常備してくれているところもあるから、より安心して試着ができるはずだよ。汗拭きシートやデオドランド剤は、いつでも使えるようにバッグに1つ忍ばせておこう!

    ③フェイスカバーを必ず使用する

    ショップの試着室には、ほとんどフェイスカバーが常備されているけれど、使用せずに試着する人は結構多いみたい。フェイスカバーはメイクが洋服につくのを防いでくれるだけじゃなく、かぶるタイプの洋服に、汗や皮脂を付けて汚してしまわないためでもあるよ。お店や次に試着する人への配慮として、試着のときは必ず使用するようにしよう。

    それでもワキ汗が多すぎる、汗のにおいなどの体臭に悩んでいる方は、汗をおさえる治療がいろいろあるのを知っていますか?医療機関に一度相談してみるのも、一つの方法です。

    (ライター:麻中 蓬)