2020年9月4日(金)

6

汗っかきは蚊に刺されやすい?!汗をよくかく人が蚊を寄せつけない方法

ぽちゃ兄:かゆーーーい!今日もいっぱい蚊に刺されたみたいだメェ。いつも思ってたんだけど、オオカミさんと一緒にいても、ボクの方が刺されているよね。蚊を寄せつけない方法でもあるの??

オオカミさん:蚊に好かれる人っているみたいで、蚊がいそうな場所に行く時は、事前に気をつけてることはあるぜ。

ぽちゃ兄:そうなの?蚊に刺されやすい人ってどんな人?教えて、教えて~!

(この記事の担当:ぽちゃ兄×オオカミさん)

    夏だけじゃない?暑さが落ち着く秋こそ蚊に悩まされるワケ

    実は蚊は、夏よりも暑さが和らぐ秋がより活発になる時期なんだ。蚊の活動には気温が大きく関係していて、一般に最低気温が10℃以上になる4月~10月が活動期間だと言われているよ。

    特に蚊が好むのは、20℃以上30℃以下の気温で、この頃に吸血活動が活発に。反対に30℃を超える真夏日は活動しなくなるので、刺されるリスクは低くなるんだ。だから、夏なら気温が下がる朝方や夜、30℃以下で過ごしやすい春や秋がもっとも蚊にさされると言えるんだぜ。

    蚊によく刺されやすいのはこんな人

    蚊は「炭酸ガス」(二酸化炭素)の感知能力が高く、体温やにおいを感じる吸血対象を探す習性があるみたいなんだ。だから、刺されやすい人と刺されにくい人に分かれるんだな。どんな特徴の人が蚊に刺されやすいのか見てみよう。

    ①体温が高い

    蚊は37℃前後によく反応するので、普段から体温が高めの人や運動後で体温が上がっている人に近寄っていく傾向があるようだよ。蚊の性質としては、じっとしているものより、動くものに誘引されやすいんだけど、血を吸うときは、動きが止まっている人に寄っていくよ。だから、蚊が集まりそうな藪や草木が多い場所での休憩は気をつけような。

    ②汗をかいている

    汗をかかない人に比べると、汗をよくかく人は蚊を引き寄せやすいみたいだ。汗に含まれる成分やにおいを嗅ぎ分け、寄っていく傾向があるぜ。汗っかきの人が刺されやすいっていうのは、本当なんだな。

    ③太りぎみ

    吐く息が多く、多量の汗をかく太りぎみの人も蚊に好まれる特徴があるよ。蚊は平たいものより丸い形のものに誘引される傾向があって、太っている人は、二酸化炭素や汗の量が多くて、丸みを帯びているので、刺されやすいみたいだね。

    ④お酒を飲んでいる

    お酒を飲むと体温が上がり、アルコールを分解する時に二酸化炭素が発生するので、蚊が引き寄せられて、お酒を飲んでいる人は刺されやすくなるんだ。。運動などで汗をかいた後にお酒を飲むと、蚊に刺される確率は高まるみたいだね。

    ⑤濃い色の服を着ている

    蚊は黒や紺などの濃い色を好むので、濃いめの服を着ている人に寄っていく傾向があるよ。

    ⑥血液型がO型

    O型の人が蚊に好まれる詳しい理由はまだ解明されてないけど、欧米でも国内でも、蚊に最も刺されやすいのがO型だというデータがあるんだ。血液型は変えられないから、これは対策のしようがないけどな。

    蚊を寄せつけない虫除け対策

    ①明るめの色の服を着る

    蚊は黒などの暗い色を好むため、刺されないためには、白など明るめの服を着るといいんだぜ。黒を着ている時と白を着ている時では、蚊が寄ってくる確率は3、4倍も違うらしいから、蚊がいそうなところでは、黒は避けた方が良さそうだな。

    黒だけより、白と黒のコントラストに蚊の視覚が刺激されるので、ボーダー柄は避けて、単色の服を着るといいぜ。

    ②衣類や蚊帳、扇風機などでシャットアウト

    蚊がいそうな場所に行く時は、できるだけ肌の露出を避ける。屋内にいる時は、窓や網戸などに虫除け剤を拭きつけて侵入を防ぐように心がけよう。

    他にも寝る時などに使えるのが、蚊帳や扇風機。蚊帳なら、多少窓を開けて寝ていても安心だし、殺虫剤を使わなくても自然に蚊をよけられるよな。それから、蚊は飛ぶ力が弱いのと、風があると感覚が鈍るため、扇風機を付けていると寄ってきにくくなるぜ。どちらも上手に活用するのをおすすめするよ。

    ③汗やにおいのもとを絶つ

    蚊を引き寄せるにおいの原因となる汗や細菌を残さないよう、汗はこまめに拭き取ることが大切。特に蚊は足のにおいを好むようで、蚊にさされることが多いのが足。汗やにおいのもとを絶つように、丁寧に洗おう。

     

    できるだけ蚊に刺されないためにも、汗対策は万全にしたいもの。汗や汗のにおいで悩んでいる方は、汗をおさえる治療がいろいろあるのを知っていますか?医療機関に相談してみるのも、一つの方法です。

    (ライター:麻中 蓬)

    まずは気になるワキ汗レベルをチェック!⇒セルフチェック

    ワキ汗への対処法をまとめたページはこちら⇒ワキ汗の対処法