2020年9月11日(金)

3

汗とともに気になるストレス臭!においが発生する原因と対処法

ガリ次郎:仕事で緊張したり、ストレスを感じたりすると、ワキ汗が止まらないんだよメェ。それに、いつもよりにおいが気になるような…これってストレス臭なのかなぁ。

ドキ美ちゃん:ストレス臭?そんなにおいがあるの?私もデートのとき緊張して汗かいちゃうから、におってたらどうしよう…。

ガリ次郎:ストレス臭ってどんな特徴があるのか調べてみようよ。

ドキ美ちゃん:そうだね!においが軽減できる対策があるなら詳しく知っておきたいメェ!

(この記事の担当:ガリ次郎×ドキ美ちゃん)

    緊張やストレス下で発生する「ストレス臭」とは

    暑くもないのに、緊張やストレスが多い状況で、手のひらやワキの下、額などに汗をかいてしまう「精神性発汗」。気にすればするほど、汗をかきたくない時に余計に汗をかいてしまう悪循環に陥りやすく、「緊張汗」とも言われていているメェ。

    精神性発汗でかく汗は、においをともなうことも多いと言われてるよ。

    話題となっている「ストレス臭」も、緊張やストレスを感じた時に、全身から発生する不快なにおいで、服にはにおいが残らないけど、周りに広がりやすい特徴があるんだ。個人差があるけど、酸っぱいような、ツンとするような、脂っぽくてイヤなにおいみたいだメェ。清潔にしていても、年齢や性別を問わず出てくるにおいなんだ。

    過度なストレスは体内の活性酸素を増加させちゃうんだけど、皮脂も酸化させてしまうよ。その酸化したにおいがストレス臭の原因の一つとなっているんだ。他にも、疲れで内臓機能が低下した時など、健康なときは体内で分解されるはずのアンモニアが分解されず、残ったアンモニアが汗に混じって、ツンとしたにおいをさせてしまうこともあるんだメェ。

    ストレス臭は、自分から出たにおいを嗅ぐとネガティブな心理状態になりやすく、他の人のにおいでも、疲労感を感じやすくなるようだメェ。これを抑えるには、日頃からストレスを溜め込まないことが大切。自分なりのセルフケアを見つけて、ストレスを上手に発散する習慣を持とう。

    「ストレス臭」が気になったら!実践したい緊張・ストレス軽減策

    ①マッサージなどでストレスケア

    疲れやストレスを軽減するには、心と体、両方をケアできるマッサージが効果的。

    簡単にできるセルフハンドマッサージとフットケアを紹介するメェ。週に2~3回、3分くらいでOK。優しくもみほぐしてみてね。

    ハンドマッサージは忙しい合間にできるストレスケア。まず手の甲をさすり、指を1本ずつ片方の手で握り、付け根から指先まで、らせんを描くようにマッサージ。指の間(水かき部分)も1か所ずつ、少し強めに押してみよう。次は、手の甲の指のつけ根から手首まで、指圧しながらずらしていこう。次は手のひら側に返して、手のひら全体をマッサージ。最後に手の平の中心をぐっと押して、指をパーッと大きく広げて伸ばす。

    次は全身につながる神経が集まる足裏のケア。まずはストレスの影響を受けやすい胃や腸など消化器の反射区がある土踏まずのマッサージ。あぐらをかいて手をグーにして、指の関節で土踏まず全体を指側からかかと側へほぐしていくよ。土踏まず全体をほぐしたら、両手の親指の腹で、足全体を痛気持ちいいと感じる強さでもみほぐしていこう。

    目や頭などの反射区がある足指のマッサージは、ハンドマッサージと同じように、凝り固まった指を1本ずつ、指のつけ根や指の間をもみほぐし、最後は足指を足の甲側に反らせて全体のストレッチを行う。疲れた目や頭をリフレッシュできるからおすすめだメェ。

    ②運動や趣味などで気分転換

    ストレスを解消する一番の方法と言われているのが、好きなことに没頭すること。趣味や運動など、楽しいと感じることに集中して気分転換を行うのが、日頃のストレスを発散するのに効果的。

    体を動かして気分転換をするのであれば、一定のリズムを伴う運動だと、ストレス軽減に更に効果的みたいだメェ。また、どこにいても簡単にリラックスできる深呼吸を、意識して行うこともおすすめ。日々の生活の中で、緊張と弛緩のバランスをとるように心がけてみよう。

    ③何もしない時間をつくる

    ストレスが長く続いている場合は、積極的に休養を取ることが大事だメェ。忙しい社会人にとって、何もしない時間をつくるのはなかなか難しいけど、あえて何もせずにゆっくり休む時間を持つことが、ストレス軽減には大事だよ。

    脳が常に働いている状態では、リラックスするのは難しいんだ。休みの日や朝のひと時だけでも、のんびりと一息つく時間をつくろう。

     

    ストレス臭とともに、ワキ汗や汗に悩んでいる方は、汗をおさえる治療がいろいろあるのを知っていますか?医療機関に相談してみるのも、一つの方法です。

    (ライター:麻中 蓬)

    先ずは気になるワキ汗レベルをチェック!⇒セルフチェック

    ワキ汗への対処法をまとめたページはこちら⇒ワキ汗の対処法