2019年4月25日(木)

5

汗ジミや黄ばみの超簡単な落とし方!もう洋服をダメにしない!

きみ子:ドキ美ちゃん、ゴールデンウィークは彼と遊びに行ったりするの?
ドキ美ちゃん:そうなの!せっかくだからこのお気に入りの服でデートするんだメェ!
きみ子:羨ましいな~。・・・あ!ドキ美ちゃん!そのお洋服、ワキのところが・・・
ドキ美ちゃん:きゃ~!汗ジミができてる~!早く帰って洗わなきゃ!
きみ子:でも、汗ジミや黄ばみってなかなか取れなくない?私も白い服が好きなんだけど、目立つのよね。
ドキ美ちゃん:普通に洗ってもなかなか落とすのが難しいよね。でも、コツがあるんだメェ!

この記事の担当:きみ子&ドキ美ちゃん

    1.黄ばみや黒ずみだけじゃない!その汗ジミがにおいの原因にも!?

    気温も上がり、少し動いただけでも汗ばむことが多くなってきたこの頃。同時に気になってくるのが、ワキや襟元などの汗ジミ。どんなにオシャレをしていても、一瞬で台無しになってしまいますよね。黄ばみや黒ずみの主な原因は、汗や皮脂が酸化すること。しかも、実はそれをエサとして菌が分解物を生成し、嫌なにおいの原因になっていることもあるんです。

    2.出来てしまったその汗染み、自宅で簡単に落とす方法は?

    汗ジミに気付いたら、できるだけ早く対処することが大切!洗濯前のひと手間で、汗ジミをなかったことに!

    ①食器用洗剤をピンポイント使用

    気になる部分に、普段使っている食器用洗剤を直接掛けます。次に、いらない歯ブラシでやさしく表面をこすり、汚れを浮かび上がらせます。歯ブラシがない場合には、優しく揉み込み洗いでもOK。デリケートな素材の場合や色物の場合は生地を傷めたり色落ちの原因になる可能性があるため、洗剤を薄めるなどして注意してください。汚れの原因の皮脂を落とすには、40~50度程度のお湯が最適。適温のお湯ですすいで洗濯機に入れ、普段通りの洗濯をしましょう。
    メイク落としやシャンプーなどでも代用できます。旅行先などでもすぐに洗濯ができないからと放っておかず、部分的な処理だけでもその日のうちにしておくことが大切です。

    ②酸素系漂白剤で浸け置き洗い

    40~50度ほどのお湯に酵素系漂白剤を溶かし、衣服を入れて30分程度浸けましょう。あとは、通常の洗濯をするだけ。上記の食器用洗剤との併用をするとより効果が高まります。ただし、色物で色落ちが気になる場合には、色物OKの漂白剤か確かめてから行いましょう。

    3.時間が経ってしまった汗ジミ、落とせるの?

    時間が経って頑固になってしまった汗ジミを落とすには、さらにひと手間が必要。お湯で洗剤を流して簡単な汚れを落としたら、酸素系漂白剤と洗濯用重曹を1:1の割合で混ぜ、汚れの部分に塗ります。そして、アイロンのスチームを汚れに当てましょう。熱を加えることが大切なので、アイロンを使うのが面倒な場合にはドライヤーの温風を使用しても大丈夫。その後は普段通りの洗濯でよいのですが、色落ちしやすい衣服は念のため別洗いにすると安全でしょう。

    4.汗ジミを作らないために気を付けること

    そもそも汗ジミができなければ、こんなに悩むことはないですよね。まずは、制汗シートなどでこまめに汗を拭くこと。また、衣服に貼るタイプの汗取りパッドや汚れ防止テープを使用したり、気になる部分に皮脂を吸着してくれるベビーパウダーをはたいて汚れをつきにくくすると、洗濯の手間を軽減できるでしょう。

    それでも汗ジミが気になる方は、汗をおさえる治療がいろいろあるのをご存知ですか?医療機関に一度相談してみるのも、一つの方法です。
    ワキ汗への対処をまとめたページはこちら⇒ワキ汗の対処法

    (ライター:古川 麻希)