2020年3月6日(金)

18

長期間お風呂に入れない!緊急時に役立つ汗&におい対策

八木先生:台風や地震などの自然災害が最近頻繁に日本でも起きているけど、きみ子は緊急時に役立つ防災グッズの準備はきちんとしているかな?

きみ子:準備はしているけど、そういう時ってしばらくお風呂に入れないだろうし、汗やにおいも心配だな…。

八木先生:お風呂に入れない状況では、いつも以上ににおいに敏感になってしまうもの。災害時だけでなく、ケガや病気など、長期間お風呂に入れない時に役立つアイテムと衛生対策を知っておこう!

(この記事の担当:八木先生×きみ子)

    緊急時のにおい対策に役立つアイテム

    防災グッズにプラスしておけば汗やにおいに役立つアイテムを見ていこう。

    ①全身洗浄剤

    2011年の東日本大震災では、水のいらないシャンプーが大変重宝されました。その後グレードアップして誕生したのが全身洗浄できるボディ&ヘアケア製品。
    緊急時はもちろん、ケガや病気で入浴できない時や、キャンプなどのアウトドア、介護などでも広く利用されている優れもの。体や頭皮に馴染ませて、水を使わずに拭き取るだけで不快感を取り除き、さっぱりできる、1つは持っておきたい役立つアイテムだよ。

    ②除菌シート

    災害時にもっとも病気や衛生上のリスクとなるのが手指の汚れと体臭などのにおい。手も洗えず、お風呂にも入れない状態では、衛生状態は悪化していく一方…。
    手洗いもままならない緊急時には、除菌シートが必需品!できれば除菌可能なアルコールタイプと、肌への刺激が少ないノンアルコールタイプのシートを用意しておくといいメェ。
    特に肌が敏感な人であれば、赤ちゃん用のウェットティッシュや簡易濡れタオルを利用すると安心。他にもコイン大に乾燥圧縮された天然パルプ素材のコインティッシュなどもあるので、防災アイテムを日頃からチェックしておこう。

    ③抗菌・消臭スプレー

    抗菌、除菌、消臭作用があるスプレーを用意しておくこともにおい対策になるメェ。衣類にも使えるものであれば、洗濯できない時でも非常に重宝するアイテム。衣類にスプレーした後は、できるだけ天日干しし、日光消毒もしておくのがベストだよ。
    においだけではなく、衛生面でも有益な抗菌・消臭スプレーは用意しておこう。

    長期間お風呂に入れないときにできる衛生対策

    ①ボディーシート1枚で全身をしっかり拭く方法

    非常時や体調を崩してしまった時は、お風呂などの衛生面の悩みがつきもの。そんな時に、ボディーシートやウェットシート1枚でしっかり全身を拭くことができる方法があるんだメェ。

    基本は上から下に拭いていくことと、においを発しやすい皮脂腺が集まる胸の中央やワキの下、背中上部、陰部など体の中心部分を意識して拭いていくことが大切。その他にも耳の後ろや頭皮、足指間などもきちんと拭き取るようにしよう。
    まず顔を拭き、首やワキの下、その後に汚れやすい部分、最後に足の順番で拭いていけば、効率的に1枚のシートで無駄なく綺麗にすることができるんだ。
    アルコールなどを含むシートを利用する際は、目の周りなど皮膚が敏感な部分は避けて拭いていこう。シートがない場合は、少量の水を含ませたティッシュでも代用できるよ!

    ②髪をさっぱりさせたい!蒸しタオルで温めて拭き取る方法

    緊急時や風邪をひいてしまってお風呂に入れない時に、少量のお湯で作る蒸しタオルで、入浴できない不快感をさっぱりすることができる衛生対策があるんだ。

    特に気になるのが、においと髪の毛のベタベタ。水を使わないタイプのシャンプーやベビーパウダーで髪を洗う方法もあるけど、それらのアイテムがない時は、蒸しタオルで代用することもできるよ。
    作り方は薄手のタオルをビニール袋に入れて、紙コップ半分ほどの熱湯で濡らす。熱いので気をつけながらタオルの端をもってビニールから取り出し、肌に触れられる温度になるまで冷まして利用しよう。
    できあがった蒸しタオルで頭全体を包むように巻き、10分程度頭を蒸した状態にして、汚れを浮き上がらせる。蒸した後は、別の濡れたタオルで地肌を中心にマッサージしながら拭き取れば、かなりすっきりするメェ。

    ③消臭効果が高く、汚れにくい素材の衣類を着用

    長期間お風呂に入れない時に、雑菌の繁殖を減らし、においを消臭できるインナーや衣類を取り入れることも衛生対策になるメェ。毎日入浴できないと、個人差はあるけど、体臭や汗のにおいがより気になり、日々ストレスに…。

    洗濯がこまめにできず、入浴で清潔に保つことができない時には、先に消臭効果がある機能性下着や使い捨てペーパー下着などを着用しておくことをおすすめするメェ。エステ業務用のペーパー下着は、ストックしておきやすく、値段も比較的安く破れにくいので、いつでも利用できるように、用意しておくのもおすすめだメェ。

    なお、日頃から汗の量や体臭に悩んでいる人は、早めに医療機関を受診して治療することも、対策のひとつですね。

    (ライター:麻中 蓬)