汗についての
よくある質問

監修 東京医科歯科大学大学院 皮膚科学分野 教授 横関 博雄 先生

~ワキ汗についての「はてな?」~

Q人よりワキ汗をかく量が多い気がします。これは、病気?

A
ワキ汗をかくことはだれにでも起こることで、それだけでは病気とはいえません。しかし、日常生活や仕事に支障をきたしているようであれば「腋窩多汗症(えきかたかんしょう)」という病気かもしれません。
一人で悩まずに、まずは医師に相談してみましょう。

Q多汗症になる原因は?

A
多汗症は、感染症や内分泌疾患、脊髄損傷などの病気や、使用しているお薬などが原因で生じることもあり、原因が複雑です。医師とのカウンセリングの中で、細かく原因を探りましょう。

Q多汗症は、遺伝するの?

A
明らかな原因が存在しない多汗症の症状は遺伝することがあると考えられており、家族に同じような症状をもつ人もいます。

原発性(げんぱつせい)多汗症

Qワキ汗が多いと、においの原因になる?

A
汗自体は無臭ですが、皮膚表面の常在菌によって分解されることでにおいが発生します。特に、アポクリン汗腺から出る汗によって、においが強くなる症状はワキガ(医学的に「腋臭症(えきしゅうしょう)」)とよばれ、エクリン汗腺によるワキの多汗症とは基本的に異なり、治療法も異なります。ただし、ワキの多汗症とワキガが合併することもしばしばみられます。

~ワキ汗治療についての「はてな?」~

Qワキ汗治療には、どういったものがあるの?

A
ワキ汗の主な治療法には、塗り薬や飲み薬、注射薬、マイクロ波などがあります。そのほかにも、手術や、併用療法として神経ブロック、精神(心理)療法などがあります。ただし、重症度によって治療の効果が異なる場合がありますので、治療法は医師に相談してみましょう。

Qワキ汗治療は、保険がきくの?

A
ワキ汗の治療法で保険適用されるものには、飲み薬、注射薬、手術などがあります。ただし、保険が適用される治療法は、症状によって異なりますので、医師にご相談ください。

Q市販のものを使うのと、医療機関で治療を受けるのとで、大きな違いは?

A
市販のものは安価ですぐ手に入る手軽さがありますが、医療機関での治療はカウンセリングを行ったうえで、その人の症状に合った治療を行います。